お茶のあおしま お茶レシピ 静岡 静岡茶屋 飲み物

\お茶屋の女将が指南!/スーパーでお茶を選ぶポイント

  1. HOME >
  2. 静岡茶屋 >
  3. お茶のあおしま >

\お茶屋の女将が指南!/スーパーでお茶を選ぶポイント

※この記事は2021年11月に行った静岡県島田市の『お茶のあおしま』青島美貴さんとのインスタライブをまとめたものです。


「美味しいお茶が飲みたいな」と思っても
対面販売が前提のお茶屋さんはちょっとハードルが高いと感じることも。

スーパーのお茶コーナーなら手軽にお茶を手に入れられます。
しかし、スーパーのお茶コーナーはメーカーも価格も産地も様々で、玉石混交の状態。
わたし自身、スーパーの特売のお茶を購入してみたらすごく苦いお茶だったという、
文字通り苦い経験をしました

スーパーではどんなお茶を選んだらよいのでしょうか?
静岡県島田市の『お茶のあおしま』女将の青島美貴さんにスーパーでお茶を選ぶときのポイントを伺いました。

お茶を選ぶポイントは、価格? それとも?


青島美貴さん
美貴さん
みんな、失敗したくないんだよね。
お茶は好みもあるから、まずは好みを知るためにも100g800円くらいのお茶をいろいろ買って飲み比べてみてほしいです。100gなら20回から25回飲めます。

 

浅蒸し茶か深蒸し茶どっちがお好み?

青島美貴さん
美貴さん
形状にはおおきく浅蒸し茶と深蒸し茶の2種類あります。

浅蒸し茶の特徴

浅蒸し茶

見た目:形状のしっかりしたお茶
味:香りがすごくいい
お茶の色:黄金色

深蒸し茶の特徴

深蒸し茶

見た目:細かい形状
味:コクや甘み
お茶の色:濃い緑色

静岡では牧之原や掛川で作られる深蒸し茶の印象が強いですが、
山間地で作られる浅蒸し茶もとても香りがよく美味しいです。

避けた方がいい意外なお茶とは?!

青島美貴さん
美貴さん
抹茶入りの煎茶、
お好きな方はもちろんいいのですけれど、
もっとお茶を知りたい方は避けた方がよいかもしれません。

抹茶入りはお湯をさすだけで色が綺麗に出るので、なんというか「淹れがい」があります。
でも、色で誤魔化せてしまうことがあるのでスーパーのお安い抹茶入りのお茶は
抹茶がにおいを吸ってしまったり痛みがはやかったりというデメリットもあり、
注意が必要とのことです。

失敗したらまずは水出しに!


はやし
美味しくいただけないお茶は、どうしたらいいですか?

青島美貴さん
美貴さん
まずは水出しにしてほしいです。
ふつうは4g~5gで急須に入れる茶葉を倍の量にして麦茶のボトルに入れて一晩冷蔵庫に入れてもらえば
雑味や渋みのないお茶になります。
はやし
水出しでもうーんという感じだったらどうしましょう?
青島美貴さん
美貴さん
水出しでも美味しくいただけないようなら、思い切って煎ってほうじ茶に!
はやし
なるほど。煎るときはフライパンに油はひかずにですよね?
ほうじ茶愛好家の方が使っていらっしゃるホイロなどは持っていないのですがうまく煎ることができますか?
青島美貴さん
美貴さん
100均のフライパンで大丈夫です。
強火だと焦げちゃうので、弱火で煎りながら香ばしい香りがたったところで火をとめます。
はやし
時間の目安は、どれくらいですか?
青島美貴さん
美貴さん
火の強さにもよりますが、2分ほどで大丈夫です。
わたしは茶葉の青い香りとお茶の香ばしい香りの中間くらいがすごく好きなの!
自分のタイミングで作れるから面白いので探求してみてほしいです!

スーパーでお茶を買う時のポイント

  • 浅蒸し茶か深蒸し茶、どちらが好みか飲み比べてみてください
  • 茶葉を楽しみたいなら、抹茶入りは避けて
  • 失敗したら、フライパンで煎ってほうじ茶にするか、
    麦茶ボトルに入れて水出しでいただきましょう♪

アドセンス

人気記事

1

東福寺・通天橋 「 静岡茶 」のはじまりは、鎌倉時代、聖一国師が宋(現在の中国)から持ち帰った茶種を生家のある栃沢やその近くの足久保にまいたことが始まりだといわれています。聖一国師とはどんな人だったの ...

2

天竜川流域の山間地は、古くから「 天竜茶 」の産地として知られてきました。その天竜川の上流、西阿多古川に並行して走る静岡県道9号沿いに『カネタ太田園』があります。「静岡で美味しいお茶を作る人は」と問え ...

3

朝晩すっかり肌寒くなってきました。今回は静岡市内の日本茶カフェに10年以上勤務されている日本茶インストラクターのあかねさんに、 とっておきの「ほうじ茶ラテ」と「抹茶ラテ」レシピを教えていただきました♡ ...

4

静岡県藤枝市のJR藤枝駅から瀬戸川沿いに車で30分ほど。今回は藤枝市で無農薬無化学肥料でお茶を栽培されている「葉っピイ向島園株式会社」の園主向島和詞さんを訪ねました。 目次1 18歳でお茶農家を継いで ...

-お茶のあおしま, お茶レシピ, 静岡, 静岡茶屋, 飲み物

© 2022 林夏子のはてしないお茶物語