本山地区 歴史 静岡

vol.21 800年の歴史ある茶畑を残したい 足久保 ティーワークスの挑戦

古くから茶の生産が行われてきた足久保

静岡市街地を抜け、安部川を上流に向かって10㎞ほど北上したところに、茶産地・足久保 (あしくぼ)があります。足久保 は、鎌倉時代に臨済宗の高僧・聖一国師(しょういちこくし)が中国から持ち帰った茶の種を植えたとの伝承が残る産地です。

足久保茶

静岡県の茶産地

足久保は、山間(やまあい)を安部川の支流・足久保川が流れる風光明媚な地域です。山に囲まれ、日照時間が短く、昼夜の寒暖差の激しい、朝霧が立ちやすい地形。朝霧が茶畑の上に天然の覆いをつくり、香りがよく味も濃いお茶に育ちます。聖一国師は、この地形が宋の茶産地・径山(きんさん)とよく似ていることから、1241年に生家のある栃沢(とちざわ)と、栃沢と山ひとつ隔てた足久保に茶の種をまいたと伝わっています。

足久保に点在する、沢や水場から朝霧が上り、美味しいお茶を育む

足久保に点在する沢や水場から朝霧が上り、美味しいお茶を育む

江戸時代には、足久保茶は、京都の栂尾茶や宇治茶とならんで、江戸城に献上されました。かの松尾芭蕉が駿河(現在の静岡県)を訪れ、「駿河路や花橘も茶の匂ひ」と詠んだのが1694年5月のこと。足久保川の清流沿いに点在する茶畑は、芭蕉がみた駿河の茶畑の面影を、いまに残しています。

足久保の茶畑

新茶を迎える足久保の茶畑(足久保ティーワークス提供)

足久保 のドライブスポット ティーワークスカフェ

足久保の玄関口にドライブ客が訪れるカフェがあります。製茶工場に併設されたテイクアウト専門のカフェ「ティーワークスカフェ」です。

運営する足久保ティーワークスの工場長・加藤貴彦さんと仕上げ販売を担当する佐藤元(はじめ)さん、販売を担当する石川茜さんにお話を伺いました。

足久保ティーワークスは、共同製茶工場です。24年前、足久保の茶農家約50軒が集まり、茶業協同組合として茶工場を作りました。当初は60名を超える茶農家が所属していましたが、2021年現在、正規の組合員は7名。そのうち、4名は30代・40代の若手茶農家です。加藤さんも佐藤さんも40代で、創業メンバーの孫世代。

「若い人たちにももっとお店に足を運んでほしい」
そんな思いで、2017年から加藤さんが中心になり、足久保ティーワークスのイメージチェンジに取り組んできました。

ティーワークスカフェ人気No.1の煎茶フローズン(足久保ティーワークス提供)

カフェ人気No.1の煎茶フローズン(足久保ティーワークス提供)

まず、取り組んだのが、ロゴデザインの変更です。足久保在住のデザイナーさんにお願いし、スタイリッシュなロゴになりました。同時に、お茶の小売りスペース「山茶寛(やまちゃかん)」を改装し、テイクアウト専門の「ティーワークスカフェ」を増設しました。SNSによる発信などでカフェの存在が知られるようになり、足久保のドライブスポットになっています。

800年の歴史ある茶畑を残したい

地域の茶畑は、組合員が共同で管理します。加藤さんや佐藤さんら若手農家は、自分の畑の管理・摘採だけでなく、摘採した生葉を製茶工場で荒茶に仕上げます。メンバーはみな兼業で、加藤さんも茶業のほか、林業を営んでいます。

加藤さん
加藤さん
大変ではありますが、お茶の仕事が好き。飲んでくれた方からの「美味しい」「ほかのお茶は飲めなくなっちゃった」って声が、嬉しい。
佐藤さん
佐藤さん
足久保には(聖一国師がお茶の種をまいてから)800年の歴史があるんです。この歴史を絶やしたくない。意地とプライドがある。

仲間と集まると、お茶の話がつきません。一方で、山のお茶の苦悩もあります。

加藤さん
加藤さん
山のお茶は伸びるのが遅い。いいお茶を作っていても、どうしても茶市場の相場で値段が決まってしまう。市場で評価されない現状がある。それで辞めていく人もいる。そういうお茶を評価してもらえる仕組みがあれば、山のお茶も作り続けることができるのだが。

新茶は、早ければ早いほど茶市場で高値がつくため、高く売りたければ新茶を1日でも早く出荷しなくてはなりません。しかし、伸びるのが遅い山のお茶は市場で評価されにくい現状があります。

佐藤さん
佐藤さん
山のお茶の作業は、平地の作業の3倍くらい大変です。でも、いいお茶ができます。そういう茶畑が辞めていってしまっているのは、悔しいというか残念というか……。
急な傾斜の茶畑(足久保ティーワークス提供)

急な傾斜の茶畑(足久保ティーワークス提供)

急な傾斜の茶畑は大型機械による自動化ができず、人の手が必要になります。加藤さんや佐藤さんら若手農家が、高齢や担い手不足で管理できない畑のサポートもしていますが、耕作を諦めざるを得ない茶畑もでてきています。山のお茶にしかない滋味があるにもかかわらず、それが評価されにくく、佐藤さんは悔しさをにじませます。

そんななか、足久保ティーワークスの活動を知り、繁忙期に手伝いにくる若者がいます。また、県外から「お茶を一から学びたい」と20代の若者が就農する予定もあります。「800年の歴史ある茶畑を残したい」加藤さんらの思いが、波紋を呼んでいます。

2021年からオーナー制度を導入

足久保ティーワークスオーナー制度(足久保ティーワークス提供)

足久保ティーワークスオーナー制度(足久保ティーワークス提供)

2021年3月、足久保ティーワークスは『茶畑オーナー』の募集を開始しました。足久保ティーワークスのお茶のファンを作り、足久保の茶畑を維持していくための新しい取り組みです。オーナーから出資していただいたお金を人件費や肥料、農薬などの農園の維持費に充てていきます。組合員同士で会合を重ね、「この地でお茶を作り続けたい」思いを形にしました。

計画当初は、「初年度は20〜30人申し込んでくれたら良いかなぁ」と控えめな目標を立てていたそうですが、募集を開始すると、北は北海道、南は広島からの問い合わせがあり、当初の目標は初日で越えました。

あかねさん
日ごろ、『静岡茶発祥の地』とうたってはいるものの、静岡でも認知度が決して高いわけではないこの足久保のことを、こんなにたくさんの方が気にかけて問い合わせ・お申し込みいただいていることに、足久保の人たちは本当に驚き、ありがたく思い、喜んでいます

「昔静岡に住んでたから」「母が住んでいて」といった、静岡にゆかりのある方や「コロナで気軽に行けないからこそ、行けるようになったときに足を運びたい」「コロナで行けないからこそ、お茶を通して繋がりたい」といったファンの方から支援が集まりました。

「800年の歴史ある茶畑を残したい」という思いで新しい挑戦を続け、仲間やファンを増やす足久保ティーワークス。今後も目が離せません。

足久保 ティーワークスオーナー制度

ご興味ある方は、足久保ティーワークス茶畑オーナー募集をご覧ください。※2021年度の申し込みは3月末までです。ご注意ください。

足久保 ティーワークスのおすすめ 浅蒸し茶 薫風

足久保ティーワークスのおすすめのお茶を教えてください。
はやし
あかねさん
コクがあるのがティーワークスのお茶の特徴です。口に含んだときに何層にも味を感じられます。「薫風」は、苦み渋味もあり、香りもあって、コクもある、味のバランスのとれたお茶です。足久保ティーワークスのお茶がはじめての方にはまずはこちらをお勧めします!

浅蒸し茶 薫風(リーフ100g入)1,080円(税込)

品 種:やぶきた
製 法:浅蒸し
茶産地:静岡県静岡市足久保
栽培法:慣行栽培
摘 採:機械摘み
製 茶:足久保ティーワークス
仕上げ:佐藤元
特徴 : バランスの良いお茶

足久保ティーワークスの看板商品の薫風は、青々とした新緑の柳のような青みの強い黄緑色の水色(すいしょく)が特徴です。旨み・苦味のバランスがとてもよく、足久保茶特有のお茶の強さを感じられます。ギフトとしてはもちろんのこと、ご自宅用のおやつ時間のお茶としてもおすすめできます。

香り
旨味
渋味
水色
コク

ご購入はこちらから→

アドセンス

人気記事

1

東福寺・通天橋 「 静岡茶 」のはじまりは、鎌倉時代、聖一国師が宋(現在の中国)から持ち帰った茶種を生家のある栃沢やその近くの足久保にまいたことが始まりだといわれています。聖一国師とはどんな人だったの ...

2

天竜川流域の山間地は、古くから「 天竜茶 」の産地として知られてきました。その天竜川の上流、西阿多古川に並行して走る静岡県道9号沿いに『カネタ太田園』があります。「静岡で美味しいお茶を作る人は」と問え ...

3

朝晩すっかり肌寒くなってきました。今回は静岡市内の日本茶カフェに10年以上勤務されている日本茶インストラクターのあかねさんに、 とっておきの「ほうじ茶ラテ」と「抹茶ラテ」レシピを教えていただきました♡ ...

4

静岡県藤枝市のJR藤枝駅から瀬戸川沿いに車で30分ほど。今回は藤枝市で無農薬無化学肥料でお茶を栽培されている「葉っピイ向島園株式会社」の園主向島和詞さんを訪ねました。 目次1 18歳でお茶農家を継いで ...

-本山地区, 歴史, 静岡
-,

© 2021 林夏子のはてしないお茶物語