書いている人=「お茶ジェンヌ・林夏子」

 

こんにちは、
はてしないお茶物語 を書いている
林夏子(はやしなつこ)です!

日本茶インストラクター
静岡県茶業会議所レポーターお茶ジェンヌ

岐阜市山間部の柿畑出身・前橋市在住。
金沢大学法学部卒業。
名古屋のエステサロンの共同経営、
WEB制作会社勤務、結婚を機にフリーランスに。

 

都会での育児に疲れ果てていたとき、静岡でお茶に「出会い」ました。
生活の中のお茶が、混沌とした世界をととのえてくれ、
それまでのさまざまな傷を癒してくれた気がします。
簡単な言葉ですけれど、生活に欠かせないものだと感じています。

静岡をはじめ全国のお茶畑を巡り、
お茶農家さんや有識者からお茶の文化や歴史を教えていただき、
はてしないお茶物語 としてお伝えしています。
地域で伝統的に行われてきたお茶のレシピや美容法を
現代風にアレンジしてお伝えします。

林夏子については→

 

はてしないお茶物語とは

サイトのコンセプトは大好きなミヒャエルエンデの「はてしない物語」(ネバーエンディングストーリー)から。
エンデの「はてしない物語」は読者が物語の中に入り込み、物語の救い主となるお話です。
この「はてしないお茶物語」も、読んでくださった方のうちの一人でも多くの方が奥深いお茶の世界に触れ、入り込むきっかけになりたいという願いを込めました。

はてしないお茶物語とは→

 

最新記事はこちら

今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.1 春恋し・はるの茶
今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.1 春恋し・はるの茶

静岡駅北口から北西に歩いて15分ほどの『茶町』には、全国の荒茶の1割が取引されている『静岡茶市場』があり、その茶市場を囲むようにお茶屋が軒を連ねます。その茶町の細い路地の一角にたたずむ静岡茶屋。店主の ...

今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.2 日常のお茶・番茶
今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.2 日常のお茶・番茶

静岡駅北口から北西に歩いて15分ほどの『茶町』には、全国の荒茶の1割が取引されている『静岡茶市場』があり、その茶市場を囲むようにお茶屋が軒を連ねます。その茶町の細い路地の一角にたたずむ静岡茶屋。店主の ...

今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.3 牧之原の大茶園とほうじ茶ラテ
今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.3 牧之原の大茶園とほうじ茶ラテ

  静岡駅北口から北西に歩いて15分ほどの『茶町』には、全国の荒茶の1割が取引されている『静岡茶市場』があり、その茶市場を囲むようにお茶屋が軒を連ねます。その茶町の細い路地の一角にたたずむ静岡茶屋。店 ...

今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.4 足久保の新茶
今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.4 足久保の新茶

 茶の生産量が日本一の静岡県の静岡市に、「茶町」というアドレスが存在する。かの家康公が駿府城下町造りの際、茶を商う人々をここ茶町に集めたのが始まりだとか。現在でも、茶町はお茶業者さんが軒を連ねる、文字 ...

今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.5 瀬戸谷のめぐみ茶
今日も静岡茶屋でお待ちしています vol.5 瀬戸谷のめぐみ茶

「ナビの指示通りなんだけどな」  萌は、車のハンドルを握りながら、不安に襲われた。目的地は、藤枝市山間部の瀬戸ノ谷地区の茶畑だ。しかし、インターを降りてから、車はもう数十分も曲がりくねった細い山道を走 ...

 

後援

静岡県茶業会議所

「はてしないお茶物語」は静岡県茶業会議所の運営する
「shizuoka green tea guide」にも掲載いただいています。

 

© 2021 林夏子のはてしないお茶物語